読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情熱・リフォームブログ

キッチン、浴室、トイレなどの水まわりから、 中古住宅・中古マンションなど、岡山でリフォームをお考えの方はベストホームにお任せ下さい!

住宅ストック循環支援事業 つづき

前回の続きです!!

 

今回は、この支援事業の「エコリフォーム」対象物件

についてです。

 

【対象住宅の前提】

①着工が平成28年11月1日以降であること。

②リフォーム後の住宅が耐震性を有すること。(※)

③事業者登録済の施工業者がリフォームする物件であること。

もちろんベストホームは事業者登録済の施工業者です(^^)/

 

※以下のいずれかの書類が申請上必須

★耐震性を有することが確認できる書類

 ①建物の不動産登記 現在事項証明書

   ・法務局が発行

   ・昭和58年4月1日以降の新築であること

 

 (①により確認できない場合)

 ②確認済証または建築台帳記載事項証明書

   ・自治体が発行

   ・確認済証の発出が昭和56年6月1日以降であること

 

 (①及び②により確認できない場合)

 ③建築士等が耐震性を有することを証明する書類

   ・建築士が発行

  

上記の要件を満たした住宅が対象となります。

ここは重要です!!

 

全ての住宅が対象ではいないので注意が必要ですね( ..)φメモメモ

 

次回も乞うご期待!!

 

 

住宅ストック循環支援事業

こんにちは(^^♪

 

雨の岡山です!!

車の運転は気を付けましょう!!

 

水嶋です。

 

さて、今回は「住宅ストック循環支援事業」のお話です。

 

今回、国の補助制度として予算を通りましたね!!

事業の中で今回は3つあります。

①住宅のエコリフォーム

②良質な既存住宅の購入

③エコ住宅への建て替え

が事業として挙げられています( ..)φメモメモ

 

その中で今回は、、、

「住宅のエコリフォーム」です!!

 

簡単に説明させていただきます。

【要件】

・エコリフォームを実施すること

・リフォーム後に耐震性が確保されること

※年齢制限なし

 

【補助事業者】

・リフォーム事業者

 

【補助対象】

・エコリフォーム

 

【補助額】

・リフォーム工事内容に応じて定める額(定額)

 

【限度額】

・30万円/戸

※耐震改修の場合45万円/戸

 

※上記は「自ら居住する住宅」が対象です。

※原則として、国の他の補助制度との併用は不可です。

 

国が補助してくれるとはありがたいことですね( ゚Д゚)

 

次回はひとつづつ追ってお話していきましょう!!

それでは次回も乞うご期待!!

明日は、、、

水嶋です!!

 

明日は、、、

ベストホームは定休日です<m(__)m>

 

それでは次回も乞うご期待(^^♪

バリアフリーリフォーム助成制度

明日で11月も終わりですね!水嶋です!

 

随分前にお話しした助成制度のおさらいです!!

 

岡山市では、介護保険住宅改修とすこやか住宅リフォーム

があります。

要支援、要介護者が居宅において生活するうえで必要な

住宅改修の費用の一部を助成する制度です。

 

こちらの制度の事については、、、

来月、ベストホーム西バイパス店にて私がセミナーで

工事の事例を交えてセミナーを行いますので、聞いてみたい

と思われる方は一度お問い合わせください!!

是非セミナーにご参加くださいませ(^^♪

 

次回も乞うご期待(^^)/

バリアフリー その2

つづいてのバリアフリーは、、、

手すりその2です(^^♪

 

 

f:id:best-mizushima:20161129192522j:plain

 

こちらは、昨年工事したお宅ですが介護保険住宅改修の助成金を利用して

外に手すりを設置しました!

f:id:best-mizushima:20161129192929j:plain

こちらは入り口部分!!

 

住宅のバリアフリー家の中だけではないんです。

外の段差やアプローチなど危険はいっぱいです( ゚Д゚)

 

バリアフリーリフォームでお困りの方一度ご相談

下さいませ(^^)/

 

次回も乞うご期待!!